2009年09月24日

南條徳男

 大正9年弁護士開業後、昭和11年衆議院議員に初当選。以来、11期26年余の長きにわたり国政に参画。昭和31年、32年建設大臣、35年農林大臣に就任するなど、政界の重鎮として国家・社会の隆盛に尽力しました。
 また、衆議院懲罰委員長、衆議院災害対策特別委員長、日本ユースホステル協会会長、大東文化大学理事長兼学長・総長、南條育英財団理事長など幾多の要職を通じて、各分野で活躍しました。昭和40年勲一等瑞宝章受章。
posted by ss at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。